暗殺後宮 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)

暗殺後宮 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)記事ページへの画像リンク。クリックで記事ページへ飛びます。ファンタジー
ホーム»感想»ファンタジー» 暗殺後宮 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)
a

電子書籍サイト比較

月300 冊読む管理人が使っているのは?

漫画を買うのはどこが安い?

5500円分買って比較してみた

注意

当ページでは1話ごとの感想を掲載しています。まだ読んでいない人にはネタバレになる可能性があるのでご注意ください。また、展開の列挙やセリフの一覧などいわゆるネタバレが知りたい人向けの内容ではありませんのでそちらもご了承願います。

作品情報

書籍情報

・タイトル:暗殺後宮~暗殺女官・花鈴はゆったり生きたい~

・作者  :緒里たばさ

・発売日 : 2022/2/10

・出版社 :小学館

最新刊

画像クリックでAmazonで詳細を確認・試し読み

電子書籍で探す

初月無料の読み放題で読んでみる

「暗殺後宮」1巻
各話の感想(ネタバレ注意)

もくじ

引用:緒里たばさ/小学館

登場人物

王花鈴

 悪名高い父の影響で友達のいない主人公

暁星

 病弱の少年皇帝

「暗殺後宮」1巻のあらずじと感想

「暗殺後宮」1巻【第1話】

涙する花鈴に傘を差し出す皇帝
引用:緒里たばさ/小学館

北祇の国の後宮
伝説の宮女見習い王花鈴、そこに在る

 

伝説の見習い!?
とは!?

 

 

彼女を前にすると他の宮女たちはたちまちビビり散らかす始末
というのも、彼女の父が宮廷を影で牛耳る極悪非道の男・王皓なのである


それは伝説なのか?というのはともかくとして、これは父親噂だけで実は何もしてないパターンもある設定ですが、果たして本作はいかに!?


さしあたり花鈴の目的は父のせいでできない友達を作ることのようです


目つき悪い牙っ子ヒロインいいですよねぇ
というか全体的に絵が好き!(個人の意見です)

 

ところでお父様、諜報活動を条件に花鈴の後宮入を許したのに身分を知らせる腕輪を付けることを強制したらやりにくくなるんじゃないでしょうか!?

本人は全然そんなことやる気はないのでどっちみちですが

 


祭りで使う貴妃たちの敷物に刺繍をすることになった宮女見習いの皆
しかし頑張って作っていた花鈴の刺繍は同僚たちの謎理論によって破り捨てられる

 

そんな恐ろしいと噂の相手に手を出すとは…まさに蛮勇!
触らぬ神に祟りはないと思うんだけど

 


雨の中、友達を作ることが絶望的な失意に涙する花鈴に傘を差し出す女性が!
と思ったら少年だった!皇帝だった

 

シンデレラストーリー始まる!?

 


そして祭り当日、めげない花鈴は帰りの遅い同僚を迎えに行くことを申しでる

 

避けられてるのに頑張るの大変だけど強いなぁ
頑張れ!

 

 

途中、花鈴に普通に話しかけてくる女性が!
花鈴目線によると「おかしいこの人」とのこと

 

そんな失礼な!
そこは普通にお話すればいいのに、歪んじゃってますね!

 


が、それによって相手が間者であることを看破する!
一旦その場を離れ同僚を探しに走る花鈴

 

まさに皮肉にもという感じですが!

 

 

畜舎で死んでいる同僚を発見、そこに後を追ってきた間者が襲いかかる!
皇帝に傘をもらった恩を糧に豹変した花鈴、武器を奪い相手の手口までも看破する!

 

お、おう…どうした突然…!?

 

間者を瞬殺!
武器を同僚の亡骸に持たせ、作り直した自分の刺繍を彼女のものとして献上、彼女は間者と刺し違えた英雄となる

 

自分の刺繍を破った相手なのに、優しいな…
正直、行ったら殺されてて花鈴がやったことになるみたいな流れ想定してたよね(個人の意見です)

 

 

もうここにはいられないと思った花鈴だが、皇帝が自分の刺繍を使ってくれているのを見かけて再び諦めない心を取り戻す!

 

というわけで、花鈴が自分の刺繍を渡したというのは筆者の早とちりでしたね…そこまではやってなかった!

ちがうんですよ、破られた相手に渡すっていう伏線かなと思ったんですよ!すごいいい子かなって!

「暗殺後宮」1巻【第2話】

あきらめない花鈴
引用:緒里たばさ/小学館

娥太妃の小鳥を逃してしまった花鈴の同僚・張鴻

1話と同じパターンで友達を作りたい花鈴がお助けすることに

 

ちなみに、この張鴻と1話で殺された方が花鈴の刺繍を破っていた二人です

 

普通に考えるとまた死ぬのでは…という気はしますが、どうでしょうか

 

 

木に登って小鳥を捕まえようとしているところ皇帝に見られる花鈴

 

素手では無理じゃないか…?

 

 

張鴻とともに鳥をたくさん飼っているという周女官を尋ねることに
しかし周は父を花鈴の父に謀殺されており、二人はその恨みから毒鳥の鳥小屋に閉じ込められてしまう!

 

2日も閉じ込められてるけど毒鳥にはやられてないみたい?

そもそも攻撃のための毒ではないでしょうし、このままいっても餓死のほうが可能性は高そうな

 

 

毒鳥なんているの!?と思った方、実在すると注釈がありました
いるんですねぇ

 

 

そうこうしていると皇帝のおつきの宦官が毒鳥を貰いに来る
皇帝は色んな人から命を狙われているらしく味方はいないとか

 

しかもこの鳥、触れただけで死ぬらしいです

 

そんな毒ある!?

 

 

皇帝が危ないと、やる気を出す花鈴
衣に忍ばせたのこぎりで脱出!

 

流れ的には1話とほぼ同じですね、どうやら花鈴は皇帝を大層気に入っておられるようです


そして道具持ち過ぎじゃない?

ボンドカーみたいな女官…!

 

 

周を止めに来た花鈴
鳥笛で毒鳥を呼び寄せて周を殺害

 

この世にある全ての暗殺術は記憶しているらしい…え、怖っ…

 

 

どうも間者を見つけると性格が豹変するようですぞこの子は

 

父の噂に抗ってお友達を作る話かと思いきや、花鈴もその道の人のようですね
一方お父様はダーク―ヒーロー的なポジション?

「暗殺後宮」1巻【第3話】

主賓たちのバトルロワイヤルとかすお茶会
引用:緒里たばさ/小学館

皇帝のお祖母様のお茶会を実技試験として合格すると晴れて見習いを卒業できることに

 

幼い現皇帝の両親はすでに死んでいて、事実上このお祖母様が後宮の主らしいです
お茶会が始まるが、女官たちはかなり怯えている様子

 

いわゆるブラック企業というやつですねこれは!


皇帝自身は体調不良で欠席のようだし、何のためのお茶会なんでしょうか

 


更に、お茶には毒が盛られ、外には射手、床は燃料油びたしと地獄のような舞台設定!

 

つまりこれは主賓たちのバトルロワイヤルだ!
暗殺お茶会って!

 

 

全ての暗殺を止めていく花鈴

 

止めたら止めたで狙ってたほうから恨まれそうな気はしますが花鈴は昇格の為必死です

 

 

結果的には無事昇格


ちなみに、どんどん昇格していくとテッペンは妃らしいです

 

 

政略結婚とかじゃなくて人事で妃を決めるんですね


中華系は他にもたくさんありますが初めて知りました、こういうシステムだって

「暗殺後宮」1巻【第4話】

手元にあった刺繍を差し出す花鈴
引用:緒里たばさ/小学館

花鈴はお掃除隊に配属
寝所は6人部屋に、もちろん張鴻は相部屋だ

 

今のところ張鴻が友達候補筆頭のようですね、本人はビビり散らかしてますが
いずれにしてもこの相部屋の6人とは関わりが深くなっていきそう!

 


他の女子たちのプレゼント交換が始まるがそんな文化は知らない花鈴
手元にあった刺繍を差し出すが、女性が刺繍を送るのは愛の告白の意味があるらしい!

 

なかなか危なっかしいながら結果的には打ち解けられたようで一安心ですね
やっぱり父親が父親だけに世間には明るくないようです

 

逆に毒気を抜かれたほか5人の様子を見ると今回はファインプレー!

でもいつか問題起こしそう!

 


ちなみに刺繍は花鈴の趣味のようです

 

 

他の5人で恋バナが始まるが全く理解出来な花鈴
5人のうちの1人の令光は地元に恋人がいたらしく、禁止されている文のやり取りがバレてしまう

 

 

この子は立場的には6人の中で一番いい位置の皇族である長公主の側付きでったものの、取り立てられたことで目をつけられた様子

 

あっちでもこっちでも陰謀と謀略が繰り広げられるのは後宮モノの常ですね


それにしてもまだイマイチどんなキャラかもわかっていなかったけど、展開が早い!

 


そして令光は間者の嫌疑をでっちあげられる!

 

 


というところで2巻は令光を救うため花鈴と皇帝がバディを組むとのこと!

 

…え??

 

 


カバー中の表紙には花鈴のお着替えが収録(深い意味はない)

 

 

すごく関係ないですが、カバーを外したこの部分のことを”ひら”と言います
というより厳密には普段表紙と言っている部分がカバーで、ここが表紙なのですがわかりにくいですね

 

総合評価・レビュー

この巻のレビューと感想

2.6/5
画力80%
ストーリー50%
テンポ57%
オリジナリティ54%
設定・構成力45%

お友達作りか暗殺か主題がどちらなのかいまいちよくわからず、その切替の部分で主人公のキャラが豹変することに違和感を感じます。テンポはよく話の進みはかなり早い印象で、独創性には欠ける内容。主人公のビジュアルはいいですね。現時点では設定や構成にはやや不備が目立つのが残念です。

平常時の主人公のキャラがはんにゃり健気でいい感じなのである。友達作りを応援したい身としてはむしろ暗殺の話はいらない気がするが、作品的にはおそらくそちらがメイン。さすがに唐突すぎるけど、ギャップ萌えという意味では良きという説も。

作画

良い絵だと思います。特に主人公のデフォルメキャラなどは可愛らしくてとてもいいです。手を描くのが上手いのも技術力の高さが伺えます。

link to recomend page

電子書籍サイト比較

月300冊読む管理人が使っているサイトは?

【異世界転生漫画】どれを読むべき?

異世界転生系漫画を大量比較

備考

「暗殺後宮」は小説かになろう原作?

なろう発の小説原作かと思いきや漫画原作です。最近では漫画家さんがいわゆるなろう系に寄せた作品を書いていることも多いですね。

オススメのレビュー記事

『異世界猫と不機嫌な魔女』 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)記事ページへの画像リンク。クリックで記事ページへ飛びます。
魔力チートな魔女になりました 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)記事ページへの画像リンク。クリックで記事ページへ飛びます。
『組長娘と世話係』 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)記事ページへの画像リンク。クリックで記事ページへ飛びます。
『いびってこない義母と義姉』 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)記事ページへの画像リンク。クリックで記事ページへ飛びます。

関連情報

「暗殺後宮」と同じ作者の他のコミック作品

ヒロインズゲーム

彼女の名はアリス。迷い込んだのはいかれたお茶会――。人気アイドルグループのリーダーであったアリスは、気がつくと知らない森の中をさまよっていた。赤ずきん、親指姫、白雪姫…次々と現れたのは、その姿を醜く変えられた童話のヒロインたち。「不幸な結末」を迎えた彼女たちは、その運命を変えるために<ヒロインズゲーム>という殺し合いをしているのだという。圧倒的画力で描かれる美しくも残酷な童話ヒロインバトルロワイヤル開幕。

管理人のコメント

管理人未読です

クナイ伝

管理人のコメント

管理人未読です

画像クリックでAmazonで詳細を確認・試し読み

電子書籍で探す

初月無料の読み放題で読んでみる

グッズ情報

情報はありません

eBookJapan無料マンガページへの購入リンク
U-NEXT無料マンガページへの購入リンク

異世界漫画ランキング

これまでに読んだ異世界系漫画をランキング形式で紹介 現在約200タイトルを掲載中!

この記事は現在までに1万冊以上の漫画を読んだ管理人が、独断と偏見で好き勝手書いています。1巻ごとのレビューと、一話ごとの感想の備忘録です。
作品自体のレビューは作品ページにて。

いつも感想やメッセージを頂きありがとうございます。とても参考、励みになります。

一話ごとの感想を載せていますので、ご意見ご感想や追加して欲しい作品などあれば、気軽に記事下のコメント欄またはtwitter、問い合わせフォームからお願いします。

また、当サイトは作者様、読者様の相互利益となる情報発信を旨としての運営に努めておりますが、万が一著作権上の問題等、お気づきの点がありましたら早急に対応させていただきますので、作品著作権者様におかれましてもフォームより問い合わせをお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました