漫画を読むなら?電子書籍おすすめ比較 

情報更新中…

サイト紹介部を更新・メンテナンスのため非表示化しています。

ランキング順位は6月分にて最新の情報で更新済みですのご利用いただけます。

やっぱり本は紙で読まないと!という根強い人気意見もある中、最近では本、特に漫画はもっぱら電子書籍やアプリという人も多いのではないでしょうか?

 

実は筆者も紙派の一員ではあるのですが、やはり世間の風潮とネットの手軽さには抗い難く、ついつい電子で読んでしまうという今日このごろ。

しかし今までに1万冊以上の漫画を読んでいる筆者の読書ペースは月数百冊以上にもなるためお小遣いはまたたく間に消えていきます…。

 

 

 

そこで…!

 

どうせならできるだけお得なサイトで読みたい!ということで、結局どのサイトを使うのが賢いのか調べてみたので記事に残しておきます。お悩みの方は是非参考にしてみてください!

現在電子書籍サイトは、出版社公式やアプリを含めると50以上。

本来ならそれらを徹底比較するべきところなのですが、調べている途中でその必要はないことに気が付きました。

 

理由は簡単で、単純に小規模サイトでは取扱数が少ないのです。

「登録したけどほしい漫画がない…」というのでは意味がないですよね。

 

加えて、規模が小さいということは経営体力も低いので、割引やキャンペーンも打ち出しにくくなります。そうするとどうしてもお得に購入というのは期待しにくいということにもなってきます。

 

以上の理由で、今回は筆者が実際に登録してみてここは持っておいて損はないなと感じたサイトだけを比較紹介しています。

 

筆者の所感としては、

それぞれに不定期のキャンペーンやクーポンがあるので、今回紹介した中から自分にあったものを3つくらい登録しておいて、買いたいときにクーポンの出ているサイトで買うというのが一番お得かと思います。

 

※また、今回はあくまでお得なサイトについての調査なのでApple、Googleなど取扱数は多いもののキャンペーンの少ないサイトも除外しています。

おすすめサイト一覧比較

筆者が実際に利用した感想と、お得情報を元にオススメランキングを作成しました。

 順位

 サイト

(アプリの有無)

 作品数

無料作品

 お得

ポイント

 1位

 74万冊以上

(2020年時点/書籍含む)

冊(概算)

非公開

ペイペイポイント還元で多目的にポイントを活用できる。
 2位

10万冊

常時3000冊以上

一日一回ポイント付与。

無料作品が充実。

 3位70万冊

動画も見られる、ポイントを共有できる。

毎月1200円分ポイント付与

 4位

非公開

非公開

hontoポイント還元
 5位

無料なし

レンタルという独自の形態で、一度読むだけなら非常にお得。
 6位

1,148,665冊

(書籍含む)

16482冊

1日1回クーポンガチャ

ペイペイ/Tポイント還元

 7位10万冊ぷららポイント還元
 8位10万冊紀伊国屋ポイント
 9位65万冊会員ランクによる還元率アップ
 10位10万冊20%ポイント還元

 

お得とは少し違いますがこちらもオススメです!

(後述)

取り扱い冊数別ランキング

なぜか意外と非公表のサイトが多いのですが、詳細に回答いただけたサイトもありますので参考にしてみてください。

()内は筆者による概算になります。

順位サイト名
1位e book japan
2位U-NEXT
3位ブックライブ
4位まんが王国
5位コミックシーモア

みんなの満足度ランキング

順位サイト名
1位honto
2位U-NEXT
3位Apple Books
4位紀伊國屋書店 Kinoppy
5位ブックライブ

こちらは昨年オリコンチャートが発表した電子書籍サイトの満足度ランキングです。

(詳細は出典サイトをご確認ください)

 

これを見ると満足度一位はhonto。

 

皆さん一見してお気づきのことかと思いますが、今回のお得ランキングとは上位の顔ぶれが大きく異なります。

お得なサイトより使いやすさを優先する人が多い、というのもあるかと思いますが、やはりこのランキングを見る限り、たまたまはじめに登録したサイト・すぐ買えるところで買うという人が多いのではないかと思います。

 

もちろんこのランキンは実際の調査に基づいて作成された信用できる一つの指標ではあるのですが、イコールお得なサイトというわけではないようです。

というのも、多くの人は普段自分が使っているサイト以外をそもそも知らいないのではないでしょうか?

 

キャンペーンなどが少なく、お得度の低いApple BooksやGoogle Play ブックス(6位)が上位に来ているのもこのあたりがあるのかと思います。単純にすぐ使えるのでユーザーが多いのでしょう。

しかし普通ははじめに登録したサイトがあれば、わざわざ別のサイトをいくつも登録して詳細に比較したり、そんなことはしません。

本サイトはそういうことを代わりにやっておきました。

 

では実際にお得で利便性の高いサイトはどこなのか。

 今回は漫画を読むことをメインに考えたときに最もおすすめできるサイトについて様々な角度から比較紹介していきたいと思います。

e book japan

ポイント連携の汎用性の高さはダントツ

ebookjapanはなんと言っても運営元がYahoo!という強みがあります。

ポイント還元がペイペイ・Tポイントで行われるため、獲得したポイントを普段のお買い物に使う、また、逆に普段のお買い物でたまったポイントでコミックを購入できるという大きな利便性があります。

 

e book japanの詳細評価

オススメ度

5/5

まとめ

Yahoo!・ソフトバンクユーザーは毎週末15%~20%のクーポンが確実にもらえるというのはやはり大きいです。

サイト規模、品揃えも最大級、資金力から今後の取り扱いタイトル拡充やキャンペーンの期待も大きくぜひ登録しておきたいサイトであることは間違いありません。

ポイント還元率がかなり増えるのでこちらを利用したい・利用中という方はワイモバイルソフトバンク回線の利用もご検討ください。

e book japan

接続性について

格安SIMでも読める?

実は今回、ユーザビリティの観点から、各サイトの接続性についても少し検証してみました。

 

こういった調査は紹介記事ではあまり見かけませんが、漫画にしかお金をかけたくない筆者は格安SIMユーザーであり、中には通信制限やお住いの地域によって繋がりにくい方もいるかと思いますので少し触れておきます。

(時間帯、地域などにより多少の変動はあるかと思います)

 

今回検証を行った格安SIMは以下の3社

いずれも月額1000円以下の価格帯にものです。

 

関連記事→

今回はオススメ1位のebookjapanについて詳細紹介してみました。

他のサイトについてもそれぞれ強みがあるのでぜひご検討ください。

 

ちなみに筆者が実際に現在利用中のサイトはebookjapan・U-NEXT・Amazonになります。

 

U-NEXT・Amazonの2サイトについて少し紹介しておきます。

どうしてこのサイトを使っていうのかと言いますと……

 

U-NEXT・・・こちらはなんと言っても動画も見られるというのが大きいです。ポイント共有でき、毎月1200円分ものポイントが配られるので登録しない手はないです。

Amazon・・・こちらに関してはお得度はそれほど高くないのですが無料本が充実しています。いわゆる商業作品ではなく同人誌に近いような個人作品を独自の形態で配信しています。kindle unlimitedに登録すると無料で読める本も格段に増え、月額1000円以下でこの量、作者への還元はどうなってるんだ…という感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA