トップは圧倒的?【月間300冊の漫画を読む筆者が選ぶ電子書籍最新おすすめ比較】2021/6

やっぱり本は紙で読まないと!という根強い人気意見もある中、最近では本、特に漫画はもっぱら電子書籍やアプリという人も多いのではないでしょうか?

 

実は筆者も紙派の一員ではあるのですが、やはり世間の風潮とネットの手軽さには抗い難く、ついつい電子で読んでしまうという今日このごろ。

しかし今までに1万冊以上の漫画を読んでいる筆者の読書ペースは月数百冊以上にもなるためお小遣いはまたたく間に消えていきます…。

 

 

 

そこで…!

 

どうせならできるだけお得なサイトで読みたい!ということで、結局どのサイトを使うのが賢いのか調べてみたので記事に残しておきます。お悩みの方は是非参考にしてみてください!

現在電子書籍サイトは、出版社公式やアプリを含めると50以上。

本来ならそれらを徹底比較するべきところなのですが、調べている途中でその必要はないことに気が付きました。

 

理由は簡単で、単純に小規模サイトでは取扱数が少ないのです。

「登録したけどほしい漫画がない…」というのでは意味がないですよね。

 

加えて、規模が小さいということは経営体力も低いので、割引やキャンペーンも打ち出しにくくなります。そうするとどうしてもお得に購入というのは期待しにくいということにもなってきます。

 

以上の理由で、今回は筆者が実際に登録してみてここは持っておいて損はないなと感じたサイトだけを比較紹介しています。

 

筆者の所感としては、

それぞれに不定期のキャンペーンやクーポンがあるので、今回紹介した中から自分にあったものを3つくらい登録しておいて、買いたいときにクーポンの出ているサイトで買うというのが一番お得かと思います。

 

※また、今回はあくまでお得なサイトについての調査なのでApple、Googleなど取扱数は多いもののキャンペーンの少ないサイトも除外しています。

おすすめサイト一覧比較

筆者が実際に利用した感想と、お得情報を元にオススメランキングを作成しました。お得度と便利さを中心に総合的にランク付けしました。ページ下部にて上位5サイトについて詳しく紹介していますのでそちらも参考にしてみてください。

 順位

 サイト

(アプリの有無)

 作品数

無料作品

 お得

ポイント

 1位

 74万冊以上

(2020年時点/書籍含む)

無料数非公開

ペイペイポイント還元で多目的にポイントを活用できる。

お得なキャンペーンの開催頻度は最多

 2位

64万

(内コミック36万冊)

無料数非公開

動画も見られる毎月1200円分ポイント付与

決済方法による40%ポイント還元

 3位

90万冊(洋書を除く)

(内コミック30~40万冊)

2無料

200万冊読み放題で月額1000円以下

取扱数・無料数共に最多。

 4位

10万冊

常時3000冊以上

毎日2回50%クーポンのチャンス。

最大80%還元イベント。

 5位

1,148,665冊

(書籍含む)

16482冊


1日1回クーポンガチャ

ペイペイ/Tポイント還元

 6位

非公開

hontoポイント還元

一日一回ポイント付与。

無料作品が充実。

 7位

11万冊

なし

レンタルという独自の形態で、一度読むだけなら非常にお得。
 8位10万冊紀伊国屋ポイント
 9位65万冊会員ランクによる還元率アップ
 10位10万冊20%ポイント還元

取り扱い冊数別ランキング

なぜか意外と非公表のサイトが多いので、一部筆者の使用感にて判断していますが大きな誤差はないと思います。

順位サイト名取扱数
1位e book japan不明
2位Amazon30~40万冊
3位U-NEXT36万冊
4位BookLive13万冊
5位コミックシーモア13万冊

ebookjapanは総数がU-NEXTより多いのでコミックも品揃えは上かと思いますが、Amazonとは微妙なところです。インディーズを抜きにするとebookjapanが多くなると思います。

これ以下の部分では10万冊台~というサイトが多数という状況でした。

みんなの満足度ランキング

順位サイト名
1位honto
2位U-NEXT
3位Apple Books
4位紀伊國屋書店 Kinoppy
5位ブックライブ

こちらは昨年オリコンチャートが発表した電子書籍サイトの満足度ランキングです。

(詳細は出典サイトをご確認ください)

 

これを見ると満足度一位はhonto。

 

皆さん一見してお気づきのことかと思いますが、今回のお得ランキングとは上位の顔ぶれが大きく異なります。

お得なサイトより使いやすさを優先する人が多い、というのもあるかと思いますが、やはりこのランキングを見る限り、たまたまはじめに登録したサイト・すぐ買えるところで買うという人が多いのではないかと思います。

 

もちろんこのランキンは実際の調査に基づいて作成された信用できる一つの指標ではあるのですが、イコールお得なサイトというわけではないようです。

というのも、多くの人は普段自分が使っているサイト以外をそもそも知らいないのではないでしょうか?

 

キャンペーンなどが少なく、お得度の低いApple BooksやGoogle Play ブックス(6位)が上位に来ているのもこのあたりがあるのかと思います。単純にすぐ使えるのでユーザーが多いのでしょう。

しかし普通ははじめに登録したサイトがあれば、わざわざ別のサイトをいくつも登録して詳細に比較したり、そんなことはしません。

本サイトはそういうことを代わりにやっておきました。

 

では実際にお得で利便性の高いサイトはどこなのか。

 今回は漫画を読むことをメインに考えたときに最もおすすめできるサイトについて様々な角度から比較紹介していきたいと思います。

e book japan

オススメ度

5/5

ebookjapanはなんと言っても運営元がYahoo!という強みがあります。

ポイント還元がペイペイ・Tポイントで行われるため、獲得したポイントを普段のお買い物に使う、また、逆に普段のお買い物でたまったポイントでコミックを購入できるという大きな利便性があります。

そして何よりポイント還元率の非常に高いイベントが高頻度で開催されています。

(詳しくは以下のキャンペーンの項目を御覧ください)

ebookjapanの概要

まとめ

Yahoo!・ソフトバンクユーザーは毎週末15%~20%のクーポンが確実にもらえるというのはやはり大きいです。

サイト規模、品揃えも最大級、資金力から今後の取り扱いタイトル拡充やキャンペーンの期待も大きくぜひ登録しておきたいサイトであることは間違いありません。

ポイント還元率がかなり増えるのでこちらを利用したい・利用中という方はワイモバイルソフトバンク回線の利用もご検討ください。

こちらでもお得な割引が行われており、ペイペイポイントはヤフーショッピング・キャッシュレス決済・資産運用など多用途に使えるので、特にこだわりのない方はまとめてしまうのが断然お得です。

U-NEXT

オススメ度

4.6/5

U-NEXTの概要

上記バナーの通り無料登録で1ヶ月間アニメ・映画・ドラマが見放題です。 漫画が読めて、共有のポイントで動画も見れるというのがU-NEXTの最大の強みです。つまり、漫画を読んでいて気になった作品はすぐにアニメやドラマを見ることができる。 この点が今回の便利でお得なサイトを比較する上では大きなポイントとなりました。 もちろん他にもお得なイベントもあるので詳しくはキャンペーンの項目をチェックしてみてください。 31日間無料キャンペーンページはこちら

まとめ

動画も見れて、毎月1200円分ポイント配布・クレジットカード決済でも40%還元と、利便性・お得感共にかなり高いと思います。更に初回1ヶ月無料キャペーンもあるのでまずは登録して試してみましょう。

なんと、無料登録でも毎月の1200円分のポイントは貰えます

Amazon(kindle)

オススメ度

4.3/5

kindleはクーポン配布などがあるわけではなく、お得度と言う意味では評価の難しいところではあるのですがここにランクイン。

独自の無料マンガ配信と、やはりKindle Unlimitedの200万冊以上が読み放題というのは圧倒的。筆者としてもまずはここで探して、無いものや新刊が追加されるまで待てないものに関してのみ他サイトで探すという使い方になっています。

Kindle Unlimitedの初月無料キャンペーンもあるので、1ヶ月気合い入れて読みまくるという手もありますね。でなくても読むものがなくなれば解約すればいいだけですし、体験登録だけしておくのがある意味最もお得な使い方です。

Kindle Unlimitedの初月無料キャンペーンについて詳しくはコチラ。

kindleの概要

まとめ

まずはじめに誤解の無いよう注意ですが、kindle unlimited 200万冊読み放題、またkindleの配信数を何百万冊などと紹介しているサイトもありますがこれらは実際には7割位は洋書です。

 

それを踏まえた上でkindle unlimitedを使ってみた感想としては、正直そのあたりの数的なことはあまり気になりません。普段使う分には正直20万冊でも200万冊でもそんなに読むはず無いのでなんとなく種類は多いなという程度の意識でした。 

前述の通り初月無料で試してだめなら好きな時やめれるので登録しても何も損はないですね。

 

Amazonで漫画を探す

まんが王国

漫画といえば現在広告で見かけることも多いこのサイト。

毎日2回50%もの還元の可能性がある以上登録しない手はないですね。

オススメ度

4/5

まんが王国の概要

まとめ

キャンペーンが目白押しと行った感じですね。

特に毎日50%くじがあるので使っている人の中にはこれだけ毎日引きに行くと言う人もおおいのではないでしょうか?

お得に購入する手段を求めて来られた方は是非実践してみてください!

 

BookLive!

皆さん一度は見たことある橋本環奈さんのCMでおなじみのサイト。

毎日50%もの還元の可能性がある異常登録しない手はないですね。

オススメ度

4/5

BookLive!

まとめ

総取扱数110万冊以上とまさに国内最大級の電子書籍サイト。

今後の展開にも期待でき、ぜひコミックジャンルにも更なる注力やキャンペーンを期待して登録しておきましょう。お得な利用法としては、50%クーポンを毎日狙いつつ、自分のほしい作品がセール対象となるタイミングで仕留めるという待ちの狩りがメインになるかと思います。

 

上位5位について詳しく紹介してみました。

とりあえずはこのあたりを押さえておけばかなりお得に電子書籍・コミックライフをおくることができるでしょう。

 

それでは、今後もお得に面白い漫画を読んでいきましょう!

まだまだ面白い漫画がたくさんあるので漫画の紹介記事もどんどん書きたいのですが、全く時間が足りない…

いつか今まで読んだ全ての漫画を紹介できる日を目指してこれからも頑張っていきますので今後とも宜しくお願いします。

【番外編】接続性について

電子書籍って格安SIMでも読めるの?

実は今回、ユーザビリティの観点から、各サイトの接続性についても少し検証してみました。

こういった調査は紹介記事ではあまり見かけませんが、漫画にしかお金をかけたくない筆者は格安SIMユーザーであり、中には通信制限やお住いの地域によって繋がりにくい方もいるかと思いますので少し触れておきます。

(時間帯、地域などにより多少の変動はあるかと思います)

 

今回検証を行った格安SIMは以下の3社

価格帯ごとに比較を行ってみました。

 

BIGLOBEモバイル(月額770円

UQモバイル(月額1,628円


Y!mobile(月額2,178円

本編ではないので結論だけ書きますが、格安SIMでも漫画を読むことは十分にできます!

ただし、紹介の部分でも少し触れたとおり、動画系のサイト(U-NEXT、FOD)などに関しては表示できない場合があるようでした。UQモバイル・Y!mobileだと表示可能でしたので、やはり一定以上の回線が要求されるのかも知れません。動画も扱っていますがページごとに構成が違うのか、Amazonは各回線問題なく表示できました。

ちなみに筆者はAmazonとebookjapanをメインに使い、まんが王国などに毎日くじを引きに行くというスタイルがメインのため、Y!mobileを利用しています。漫画購入時のペイペイボーナスが増えて、家族もスマホヘビーユーザーではないため、2回戦目以降1188円に割引されるのも大きいです。


今回の記事を参考にみなさんもできる限りお得に漫画を読んでいただきたいと思います。そして作者の方がた、何よりご自身のためにも決して違法サイトに手を出すことの無いようお気をつけください。前年の法改正より取締も厳格化しておりますので十分ご注意をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA