不滅のあなたへ最新14巻までの感想と漫画レビュー紹介

不滅のあなたへ

注目の記事

link to recomend page

漫画の無料ダウンロード

漫画の無料DLは合法?違法?

【異世界転生漫画】どれを読むべき?

異世界転生系漫画の書評を一覧

読んでみる

作品情報

【タイトル】不滅のあなたへ

【作者】  大今良時

【発売日】 2017/1/17

【掲載誌】 週刊少年マガジン 

登場人物

フシ

刺激を受け取った
あらゆる非生命体の姿をもすることができる存在。

あらすじ

あらすじ・各話概要

舞台

舞台は不明。

文明未成熟な異世界でしょうか。

概要


あらゆるものの姿を写し取る謎の球が世界に放られる。ソレはやがて狼の姿となり、氷雪に閉ざされ打ち捨てられた村で飼い主の少年としばらく暮らすこととなる。

ある時怪我をした少年は命を落とし、ソレは彼の姿を受け継ぐ。やがてフシと呼ばれるようになり、その少年の姿をアイデンティティとして様々な経験を得ることとなる。

 

姿を獲得する条件は、刺激を受け取ることと、対象が生命を持たないこと。

多くの出会いと別れの中でフシは様々な姿と能力を獲得し、世界の敵とたたかうことになっていく。

作者

作者は「大今良時」

本作が3作目の単行本作品になりまよ

有名作品『聲の形』の読み切りにて当時19歳でデビューされた女性作家です。作品の性質上一部編集部内で異論があり一旦同作は保留、デビュー作としては沖方丁原作の『マルドゥック・スクランブル』となりました。

 

ホームページ・SNS

HP・SNSなどは公開されていません。

→作品公式Twitter

 

作画動画等

過去の作品

単行本

読んでみる

 

深い、というのかいろいろと考えさせられる内容ですね。正解のない題材ですが、そこにリアリティと願望が内包されています。

読んでみる

 

シナリオは流石に沖方丁といった感じで、個人的には同作者としてはこちらが一押しです。

感想

1巻がとにかく衝撃的でした。

これは一体何が始まるんだ?という無限の可能性と期待を感じさせる導入で、続く二巻も独特の感性で描かれており予想のしようがないという状況を楽しめます。

 

個人的にはこのあたりの冒頭の感じで進んでほしかったのですが、そういった意味では後半部は少々期待はずれの印象。これだけ無限の可能性を感じさせる導入でありながら、途中から人類の敵が出てきてバトルになっていくというとてつもなくありきたりな方向へ行ってしまったのが残念でした。どうしても展開が大味に感じます。

連載が少年誌ですし、そのあたりは好みもあるかと思いますが、できれば旅と人間関係のほうをメインで見ていたかったという思いがあります。

みんなの感想

  • 広い世界を求めながら死んでいった少年の哀切が、心に染みた。
  • 読んでる時に、ああ、自分は今ものすごい漫画を読んでるんだ!と感じた。
  • 1巻で既に圧倒的な物語の力を感じて引き込まれるように読んだ。
  • 絵がいいです。ストーリーも期待できる。全部読もう。
  • やはりこの人すごい才能。キャラクタがイキイキしてるし、世界観もしっかり作り込んでて素敵。
    読書メーター

独特なキャラクターの行動が楽しみ

総評

新しい刺激という意味でも読んで損はないです。

4.2/5

何漫画と言われると謎のジャンルですが、シリアスなエピソードも多くその割におバカキャラが出てくるなどオリジナリティの高い構成で、作者の不思議な感性と世界観が魅力です。

特筆すべきはやはり人間味のあるキャラクターではないでしょうか。絵のタッチも表情も有機的で厚みを感じます。

ただしどうしてもテーマが重たいので、軽くって楽しい漫画が好みという方には向かないかも知れません。

 

内容

各エピソードともどこか物哀しい結末に至るものが多く、手放しで面白いという漫画ではないですがそのあたりの演出はさすがです。

 

作画

地力もある上で独特のクセも出ていて申し分ないかと思います。

関連情報

メディアミックス

《2021年アニメ化作品》

アニメ動画視聴はコチラ

無料でも見られます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA