絢爛たるグランドセーヌ 最新20巻までの感想と漫画レビュー(一部ネタバレ注意)

スポーツ
ホーム»作品紹介»スポーツ» 絢爛たるグランドセーヌ 最新20巻までの感想と漫画レビュー(一部ネタバレ注意)

「絢爛たるグランドセーヌ」の感想とレビューを紹介

U-NEXT無料マンガページへの購入リンク

絢爛たるグランドセーヌ本編のあらすじと設定

漫画情報

・タイトル:絢爛たるグランドセーヌ

・作者  :Cuvie

・ 発売日  : 2009/10/15 ~

最新刊までの一覧

画像クリックでAmazonで詳細を確認・試し読み

※1話無料で試し読みできます。

電子書籍で探す

初月無料の読み放題で読んでみる

「絢爛たるグランドセーヌ」のあらすじと設定

舞台

舞台は現代のありふれたとある街。

そこから主人公は世界に向けてまだ幼いその羽を広げる。

 

あらすじ

舞台上で見たお隣のお姉さん梨沙の姿に憧れてバレエの教室に通いたいとにせがまれた両親は、すぐ辞めてしまうのではないかと思いながらも梨沙と同じ教室に通わせることを了承する。

第1回目の教室は自身の体の動きが脳裏にある梨沙の姿と重ならず、帰りの車でふてくされる奏。2回目も思うように行かず泣きだしてしまうでだったが、梨沙のアドバイスで立ち直りその熱はより一層明確なものとなる。

正確な踊ること、音楽に合わせること、役を表現すること。さまざまな課題に直面しながらも持ち前の負けん気の強さとただ踊ることが好きだという思いで、仲間を増やし世界を広げながらは突き進んでいく。

絢爛たるグランドセーヌのおすすめポイント

単純にいわゆるサクセスストーリーとしてもバランス良く構成されていると思いますが、やはり登場人物の感情の機微などが繊細に描かれている点に注目したいです。

 

内容としては結構文字数の多い部類の作品にもかかわらず、気がつけば1巻読み終わっているという感じで、それだけ世界に引き込む力がつよく、それを放さない流れづくりがなされた高度な作品です。

 

各所に読者が感情移入しやすいポイントがあり、できれば一気に読んでしまいたくなります。逆に次巻刊行まで待たされてしまうと一旦気持ちが切れてしまうのが歯がゆいところ。

 

 

「絢爛たるグランドセーヌ」
各話の感想と展開(ネタバレ注意)

以下『絢爛たるグランドセーヌ』1巻のネタバレを含みます。気になる方はこの項目は飛ばしてください。

登場人物

有谷奏

バレエに魅せられた少女

伊藤翔子

奏の1つ上の友達・同じバレエ教室に通う

橘梨沙

奏家の隣に住む少し年上のお姉さん・奏がバレエを始めるきっかけになった人物

滝本伸子

バレエ教室の先生

「絢爛たるグランドセーヌ」1巻のあらすじと感想

「絢爛たるグランドセーヌ」1巻
【第1話】
幕開け

冒頭、お隣の女子高生梨沙のバレエ発表会の見学に行った奏はその美しい姿に惚れし、レッスに通うことになるが、理想と程遠い自身の動きに落胆する

 

この時点でリアリティがすごい!

ボーイミーツガール的なイベントでその世界に足を踏み入れるというのがこのジャンルでは多い気がするし、実際展開としてはキャッチ―だけどこういうのもいい!

本当に夢を追う子供が何かを始めるときってこういうきっかけなのかもって思わせる説得力!

 

 

梨沙のアドバイスで回転を会得した奏

同じく回転のできる翔子からトウシューズだともっとうまくできることを聞き、忘れ物を無断で使い、転倒してしまう

 

こういうエピソードも本当にありそうで、主人公のキャラ的にもやるよねーって感じ!

すごく感情移入しやすいというか…!

 

 オーナーの瀧本先生は注意したあと「楽しかったか」ときき、奏は満面の笑みを返す

 

そして周りの人たちのキャラもいいのですわ

いい人って意味じゃなくて、いい意味で人間的!

 

梨沙と同じステージでの発表会を楽しみにする奏だが、梨沙はコンクールで膝の故障が発覚

 

そういうことも…ある

「絢爛たるグランドセーヌ」1巻
【第2話】
引き際

ネズミ役でもやる気満々の奏は梨沙にコンクールの動画を見せてくれるようせがむ

 

どんな小さい役でも嬉しいっていう気持ちがすごい

奏、いい子

いい子というか、純粋で天真爛漫?

 

 

動画を見た奏に「何の踊り」かきかれ、自分が膝の痛みに気を取られて役を全く演じていなかったことに気づく

 

何の踊りなのか子供に伝わらないような、ただこなすだけの演技になっていたことを梨沙が気付かされるこのシーンも印象的!

まさにハッとする瞬間

 

 

バレエを辞めることになった梨沙

奏は自分がいけないことを聞いたせいだと気にし、同じ舞台に立てないのは嫌だと泣き叫ぶ

 

結果やめることにはなったけど、むしろ良かったんじゃないかな

梨沙としてもいいきっかけになったし

でもそれを幼い奏が理解するのは難しい…!

 

 

最後は同じ舞台に立てることに!

 

 

 

「絢爛たるグランドセーヌ」1巻
【第3話】
一歩先

少し時が流れ上級生になった奏

翔子たちはトウシューズの許可が出るが、ひとり取り残される

 

上達は早そうながら、子供の感覚で言うとこいう差は気になる!

そういう指導者的な難しさみたいなことも度々描かれておるのです

 

 

翔子と自分の技巧的な違いを観察する奏と梨沙に怪我をさせてしまった後悔から慎重になりすぎてしまっている滝本先生

 

こういう見極めってどうやってやるんですかね?

どうしても個人差はあるし、早まると取り返しの付かないことに…指導者って大変だ!

「絢爛たるグランドセーヌ」1巻
【第4話】
メリット

発表会のチケットを買いたいというクラスメイトと売らない奏

 

普段の奏なら二つ返事で来てくれといいそうなところ、やはり心配は大きいみたい?

 

 

役を振られるも未だ1人バレエシューズであることに焦るが、男性ダンサーの動きに目をつけ自分なりの活路を見つけていく

 

本作の主人公の武器はこの観察眼!

上達の過程にもきっちりとした理由付けがされている!それでいて説明臭くて読み疲れするみたいな事になってない構成力凄い!

「絢爛たるグランドセーヌ」1巻
【第5話】
夢の世界へ

本番前、緊張で調子の出ない翔子と対象的に溌溂と踊る奏

 

やっとらしさが戻ってきたといったところ

踊りのシーンはバレエみたことない人には難しいところのはずなんだけど、なんでかすっと入ってきますねぇ

不思議

 

 

両親はプロとしての未来も視野に入れ始める

 

サブタイトルの文字通りここが夢の世界の始まりになるのでしょうか!?

この巻のレビューと感想

4.7/5

ストーリー

70 %

テンポ

70 %

オリジナリティ

70 %

没入

70 %

設定

90 %

構成

70 %

作画

70 %

書評

基本的に非の打ち所のない完成度ではないでしょうか。いわゆるインパクトのある展開という意味ではやや地味めではありますが、それでいて説明も入りながら気がつけば読み終わっている没入感はかなりのものです。非常に構成が上手い印象を強く受けます。

感想

まさに物語が始まったという感じの1巻。お話的にはここまでがプロローグと言ってもいいのではないでしょうか。ありがちなわかりやすいヒールキャラやとんでもない展開という武器を使わずにこれだけ読ませる作品はなかなかないですね。

作画

これまで多くの作品を書いてこられている先生ですが、それを加味すると作画としてはやや弱い印象。顔が薄いというのと、体の動きもやや固く感じます。ただこの作品においては顔がハデだったりすると逆に合わなそうなので、むしろいいのではないでしょうか。

「絢爛たるグランドセーヌ」の作者「Cuvie」

読み方はキューヴィー。

本人もバレエを習っていた経験のある女性作家です。もともとは長らく主に成人向けの同人活動をされていた方で、この方の商業作品は本作が初めてだった筆者は作者を見て思わず二度見してしまいました。界隈では当時同人作家としてのイメージが強かったのではないでしょうか。

ちなみに筆者はずっと男性の方だと思っておりました

作画動画

作画の様子をTwitterで公開されています。

作者「Cuvie」のホームページ・SNS

作者「Cuvie」の過去の作品一覧

  • ドロテア 〜魔女の鉄鎚〜 
  • ハコイリ
  • NIGHTMARE MAKER 
  • 籠女の邑
  • VANITAS 
  • ひとはけの虹
  • 絢爛たるグランドセーヌ 
  • エルジェーベト

サークル名:ShootOuts(活動終了)

・東京魔人学園剣風帖 儚の刹那(東京魔人學園剣風帖)
・百千劫 (俺の屍を越えてゆけ)
・睡蓮 (青の祓魔師 )
・魂結オブリガトリー (俺の屍を越えてゆけ)
・TOMORROW NEVER BLESSE(東京魔人學園剣風帖)

単行本

・スイッチ
・PURE-PURE!
・デリカシー
・淫らな素質
・Cloudy
・えっちな恋の味
・Emotion
・カノジョの媚態
・Juicy 限定版
・カラダノ恋
・ラブ・アフェア/LOVE AFFAIR
・したいからスルの
・Horny
・欲しがりっ!
・Guilty
・Juicy
・Girlie 限定版
・肌色レンアイ
・Girlie
・Heavenly
・Yummy!
・色めく彼女
・やわらかなぬかるみ
・Sultry
・ココがキミのカタチ
・Lyrically
・NASTY
・Raunchy
・INSULT
・TEMPTATION

同人誌

・リキッドXXX (ぷよぷよ)
・幽香でしていってね! -天子の逆襲- (東方Project )
・ONE STEP CLOSER (ぷよぷよ)
・I won’t let you fall apart. (サクラ大戦3)
・hyperballad (ぷよぷよ)
・Farewell, Farewell (悪魔城ドラキュラX  )
・BLAH (ぷよぷよ)
・BURN (俺の屍を越えてゆけ)
・black widow (戦国BASARA)
・愛宕の姫神 (久遠の絆)
・エロマンガノゲンバ(オリジナル)

作者のその他の作品紹介

サキュバスのお話。インキュバスも出てきて要素としては面白いものの全としてはやや物足りない印象も

「絢爛たるグランドセーヌ」漫画全体の感想

絢爛たるグランドセーヌを最新刊まで読んでみた感想

 続きが気になって進みが遅く感じる場面もあります。単純にペースが遅いというよりも早く次の主人公の行動が見たいという気持ちが先に行ってしまっているという印象です。

1巻ではまだ主役をやりたいというような欲はなく、梨沙と同じ舞台で踊る脇役のねずみ役に喜んでいる奏でがかわいらしいです。

 

悪者の出てこない作品で、コンテストを争うという設定の性質上軋轢や挫折、言い争いになるような場面もおおいですが、登場人物それぞれが目的に対して真摯であるためで、相手もそれをわかっているという土壌の表現があるので最終的には見ていて気持ちのいいところに落ち着きます。

最新刊のあたりでは、スカラ獲得をしたものの自身の進むべき道に迷い続ける主人公が描かれています。物語序盤では周りとのスキルのさと楽しさでがむしゃらに突き進んでいたのに対して自身がスキルアップしたことで選択肢が増えたゆえの悩みになってきていて、葛藤からも成長が伺えます。とにかく

巻ごとに派手な見せ場があるというタイプではないのですが、1巻をあっという間に読んでしまう作品です。

 

絢爛たるグランドセーヌは面白い?ネットの感想と評価まとめ

  • 好きって気持ちだけでどこまでいけるか。必ずどこかで躓くけれども、しなやかに何度でも立ち上がって欲しい
  • 華やかな舞台の裏には地味な反復練習がある。作画に華美さが少々足りないが、それ以上に物語に惹き込まれた
  • バレエが舞台でも少年まんが的なスポ根のような従来の名作とは違った魅力があります
  • まっすぐで純粋なバレエへの探究心と楽しそうに踊る様子がとても清々しくて熱いです
  • 才能がないわけじゃないけど、天才ではない。頑張れって応援したくなる

読書メーター

主人公に頑張って欲しくなる、勇気と活力をもらえる作品です。

絢爛たるグランドセーヌ総合レビュー

絢爛たるグランドセーヌのおすすめ度は

5/5

とにかく続きの気になる作品。

冒頭から迷いがいないと言うか、しっかりしたストーリー進行のプロットがあるのだと思います。やはりこういう作品は読んでいて安定感がありますね。

構成も完成されていて、展開力もあるので常に次はどうなるのか楽しみに読める上、主人公を行動力と意外性のあるキャラクターにしているのが相乗効果として非常にうまく機能しています。

最終的にどこにたどり着くのか、最後まで目が話せない主人公です。

 

内容

夢もリアリティもありとてもいいです。特に主人公のキャラが素直で好感が持てます。

 

作画

特に体のバランスなどで気になる箇所がちょくちょくありますが、気にしてみ慣れば気にならないですし、その辺りも巻を追うごとに上達しています。

 

「絢爛たるグランドセーヌ」の最新話・無料配信サイトは?

残念ながら無料配信はありません

現在一巻が無料!

試し読み、購入も以下のサイトで取り扱い中

(キャンペーンは変更になっている場合があります)

eBookJapan無料マンガページへの購入リンク

異世界漫画ランキング

これまでに読んだ異世界系漫画をランキング形式で紹介 現在約200タイトルを掲載中!

おすすめ記事

可愛いだけじゃない式守さん 4巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)記事ページへの画像リンク。クリックで記事ページへ飛びます。
【アニメ化】サマータイムレンダ 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)記事ページへの画像リンク。クリックで記事ページへ飛びます。
魔力チートな魔女になりました 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)記事ページへの画像リンク。クリックで記事ページへ飛びます。
『組長娘と世話係』 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)記事ページへの画像リンク。クリックで記事ページへ飛びます。

この記事は現在までに1万冊以上の漫画を読んだ管理人が、独断と偏見で好き勝手書いています。1巻ごとのレビューと、一話ごとの感想の備忘録です。
作品自体のレビューは作品ページにて。

いつも感想やメッセージを頂きありがとうございます。とても参考、励みになります。

一話ごとの感想を載せていますので、ご意見ご感想や追加して欲しい作品などあれば、気軽に記事下のコメント欄またはtwitter、問い合わせフォームからお願いします。

また、当サイトは作者様、読者様の相互利益となる情報発信を旨としての運営に努めておりますが、万が一著作権上の問題等、お気づきの点がありましたら早急に対応させていただきますので、作品著作権者様におかれましてもフォームより問い合わせをお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました