ハクメイとミコチ 最新9巻までの感想と漫画レビュー紹介・無料動画は?

ハクメイとミコチ

注目の記事

link to recomend page

漫画の無料ダウンロード

漫画の無料DLは合法?違法?

【異世界転生漫画】どれを読むべき?

異世界転生系漫画の書評を一覧

既刊一覧

既刊一覧

読んでみる

現在試し読み増量中です。

※キャンペーンは変更になる場合があります。

作品情報

・タイトル:ハクメイとミコチ

・作者  :樫木祐人

・発売日 : 2013/1/15~

・掲載誌 :ハルタ

登場人物

ハクメイ

職人肌で男の子っぽい性格の女の子の小人。

ミコチ

料理が得意で女の子っぽい女の子の小人。

コンジュ

エレガントな見た目に反してなかな芳ばしい性格の女の子の小人。

イワシ

男らしいイタチ。

コハル

女の子らしい性格のコクワガタ。

ハルツ

ビューティバーテンダーの小人。

あらすじ

舞台

登場人物の小人たちから見た世界が舞台。

主に主人公たちが暮らす旅人の国・ヒノチにある街マキナタ。

概要

当時の全財産を投じて建てた理想の家に住むミコチと同居する元旅人のハクメイが主人公。なお、この家は作中で大破し、立て直しとなる(4話)。主に二人とそれを取り巻く住人たちに起こる何気ない出来事、小さな奇跡のような日々の暮らしが描かれている。

住人とは、二人を含む9センチの小人達、昆虫、哺乳類であり、彼らは会話をし、ともに暮らしている。反面、魚は食料として描かれており、鳥類は小人を捕食することもあるらしく、複雑な世界観となっている。

作者

作者は「樫木祐人」

本作が3作目の単行本作品になります

京都精華大学出身の作者。

以前は同人活動をされていましたが、現在HPは閉鎖済、Twitterもほとんど呟かないと、近年はネットでの発信や交流からは距離をおいている様子です。性別は非公開です。

ホームページ・SNS

HP(閉鎖済)

pixiv

Twitter

過去の作品

単行本

その他の商業作品は有りません

 

《読み切り作品》

 

・うすべに

同人誌

現在活動はされていないようです。

《サークル名:武者プルーン 名義:兎沢》

他メンバー:EL=SAMAEL

 

  • COWARDLY NIGHT~臆病魔女の宴~
  • 路肩ROCA
  • 嘘つつみ20ミクロン
  • 象に乗る夢を見た。
  • かさねかぜにくさび 1・2
  • そうまとうとおちあゆ
  • 今生の歌。 THIS LIFE THIS SONG.
  • 名無しのフロリオイド
  • 土足
  • 如何にして黒衣は星空を包むか。
  • 故に今宵は目を瞑る
  • 明滅してゆく
  • 溶ける砂
  • コラプスオブリフレイン
  • ハリト
  • ウェザリング
  • ブランニュー・デイ
  • ONE MORE BABY!
  • PAN;1

(すべて東方Project)

感想

いいですねぇ。

どのお話も押し付けがましくなくて、キャラが生きてると言うか、このキャラだったらこうするだろうなという説得力があります。ストーリーよりキャラ優先の話作りが見て取れますね。

 

ただ、エピソード自体にそこまで強い引きはないと言うか、読んでるときは最高の気持ちなのですがあまり2回3回と繰り返して読みたいというタイプではない気がします。(私見です)

 

ちなみに個人的にはセンやハルツ・親方がこのプニプニデザインでクール系・いかつい系というのが面白くて好きです。

みんなの感想

  • 副読本を読んだので、改めて再読。本当になんて楽しい世界なのか。
  • 特別何かあるわけじゃないけど可愛いお話。
  • 世界観が好きなので続きも買いそう…ナウシカとかウタカゼとか好きなら気にいるのでは。
  • とても優しくかわいらしいマンガだなあ。一話一話はどうということない話なんだけれど、読み進むうちにどんどんこの世界にのめり込んでいく。
  • なんかもうちょっと一味欲しい感じかなぁ。

読書メーター

 

騙されたと思って一度は読んでみて欲しい

総評

ぜひ読んでください。

5/5

キャラや描き込み、登場するお酒やモチーフなどどこをとっても作者の趣味全開という感じの作品です。特に自然物の描き込みなどが得意なようで、画面全体が温かい印象なのも好感が持てます。

これからもまだまだ展開のできる設定ですし、長く続いてほしい作品です。

 

一箇所気になる点を上げるとすればやはり、東方の同人活動をされていたというバイアスを抜きにしても、知ってる人からするとどう見ても”れいまり”だよね、と初見では思わずにはいられないキャラ設定です。こればかりはさすがに、せめて髪型と性格をズラすとかしてほしかったなとか思わないでもないです。読みすすめると気になりませんが。

内容

癒やし系です。続きの話というよりは、エピソードごとにぶつ切りの構成で、次はどんな話だろうというのが全く予想できず、常に新鮮に楽しめます。

作画

これ以上はないかなという感じですね。ここがもうちょっと…というのは一切ないです。内容ともマッチしています。

関連情報

メディアミックス

《2018年アニメ化作品》

アニメ動画視聴はコチラ

無料でも見られます

・その他書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA