はめつのおうこく 5巻までの感想と漫画レビュー紹介(3巻までネタバレ)

はめつのおうこく

注目の記事

link to recomend page

電子書籍サイト比較

電子書籍を読む最もお得な方法は?

【異世界転生漫画】どれを読むべき?

異世界転生系漫画の書評を一覧

既刊一覧

既刊一覧

読んでみる

AmazonPrimeで現在1巻無料試し読み中です。

※キャンペーンは変更になる場合があります。

作品情報

・タイトル:はめつのおうこく

・作者  :yoruhashi

・発売日 : 2019/10/10~

・掲載誌 :BLADEコミックス

登場人物

アドニス

クロエを殺した人類への復讐を誓う少年。強力な魔法の力を持つ。

クロエ

アドニスに魔法を教えた師匠。

ドロカ

魔女の国からある陰謀のためアドニスを助けに来た魔女。

あらすじ

舞台

舞台は魔法が科学に追い越され、魔女たちが迫害される世界。

概要

人間を助けるため、神から力を与えられた存在である魔女と、科学の成長により魔女を排斥しようとする人間たち。その時代の激流の中、王に最愛の師匠である魔女のクロエを目の前で虐殺された人間の少年アドニス。偶然により10年の幽閉から解き放たれたアドニスは復習の牙をむく。科学対魔法の復讐ストーリー。

各話概要

作者は「yoruhashi」

本作が初の単行本作品になります

主にWEB連載などで活動中の作家さんです

ホームページ・SNS

過去の作品

単行本

  • 剣の王国(WEB連載)
  • はめつのおうこく

読み切り

  • あるOLのエレジー(小説)
  • AIクラリス

感想

後で調べたところどうやら前作の別の作品の続編的なものらしいのですが、読んでいないのであくまでこの漫画だけでの感想です。(タイトル変えて続編てパターン結構あるけど買う前に調べないし続編からだと内容よくわからないし…うーん)

ちなみにこちらの作品です。同時連載なので続編というより、タイプムーンなどがよくあるパラレル世界的なことなのでしょうか。

 

内容としては散らかりすぎという言葉に集約されるかと思います。

始め、魔女狩りなどの描写が有り、中世的な世界観と思っていたのですが、荒野を旅する主人公がスマホと言った瞬間、やばいパターンだなと思ったのが印象的でした。

師匠が惨殺されるなど気を引く描写は多いのですが、感情移入できないと言うか、作品へ入っていけない感がすごいです。(このあたりが前作を読んでいないからなのかも?)

 

ただ絵はすごくいいので読むというか見るのがいいのかも?

みんなの感想

  • ラストは作者さんの前作を見てた人なら震えますね。
  • 情緒が死んだ…。
  • 必要以上に残酷な描写をしているような?ストーリー自体はおもしろいんだけどなんかちょっと残念…。
  • 主人公の男の子のデザインが好きで読みました。内容はほぼ虐殺もので、それ以外はほとんど何もないので、続きは読まないと思います。
  • どのコマも躍動感があって最高。この作者さんは前作から追っているので人物の表情や背景の迫力には、わかっていながらの陶酔感を得られる。

読書メーター

前作からのファンが多いようです。

総評

正直読まなくても良いかも…。

1.3/5

とにかくストーリーが地に足がついてなくて、人死が多いことも有り、よくあるただ人が殺されているだけのスプラッタものとかそんな感じの読後感です

行き過ぎた科学が人間を愚かにし、滅びを招くという風刺とも取れますが、なにせ大味すぎて殺しとけばいいという感じにしか見えず、3巻くらいになるともはや何がしたいのか意味不明です。

ただ5巻では一周回ってちょっと落ち着くと言うか、なにせ絵が良いので、ここまで読むなら逆にナシ寄りのアリ…?読むのであれば5巻までか2巻までかという感じで、読んでみて2巻で無理めな人はやめておいたほうがいいかも。

 

 

内容

読みにくいと言うか、あからさまに気を引くために人を殺しているような演出も含め、好感度の低い内容という印象。

作画

しっかりとした作画で、躍動感もあります。魔法、武器、科学や機械など様々な要素を書き出す必要のある設定ですが、効果を含め非常に的高水準の作画を維持していると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA