骨ドラゴンのマナ娘 1巻の感想と漫画レビュー紹介とネタバレ

骨ドラゴンのマナ娘

注目の記事

link to recomend page

電子書籍サイト比較

月300冊読む管理人が使っているサイトは?

【異世界転生漫画】どれを読むべき?

異世界転生系漫画を大量比較

記事の見方・筆者

この記事は現在までに1万冊以上の漫画を読んだ管理人が総合的な視点で書いています。
感想は個人としての感想、総評は今まで読んだ漫画との相対評価として参考にしていただければ。

読んでみる

1話無料で読めます

(キャンペーンは変更になる場合があります)

作品情報

【タイトル】骨ドラゴンのマナ娘

【作者】  雪白いち

【発売日】 2021/4/14

【掲載誌】 マッグガーデンコミックス

登場人物

【イブ】

森に捨てられた少女。魔女として生きることに。

【ネム】

古竜。老死し、イブに蘇生される。

yn

【ユウル】

幽霊屋敷で宿屋を商う胡散臭い男。

【ネム】

エルフの植物魔法使いで旅商人。
(2巻登場)

舞台

ドラゴンのいるファンタジー世界が舞台

概要

不要なものの投棄場として有名な”屑篭の森”に捨てられた少女イブは老ドラゴン・ネムに助けられ生き延びることに。しかしまもなくしてネムは老衰のため死んでしまう。魔法の素養のあったイブは半年間かけてネムを骨ドラゴンとして復活させることに成功。自身も幼いイブが気がかりだったネムは、彼女が生きていく上での知識と魔法の技術を培うためにイブを連れて人里へと旅立つことに。

絵がとてもいいです。

作者

作者は「雪白いち」

本作が2作目の単行本作品になります

本作の単行本発売を期にツイッターを開設されたようですが、基本的にweb上での同人名義での活動はありません。ツイッターも情報発信が主で、webでの積極的な交流や活動からは距離をおいているようです。

 

ホームページ・SNS

その他の作品

単行本

筆者未読。同作者ということで今後読んでみたいです。

感想

内容は意外とゆるく、小ネタやキャラの軽妙なやり取りが豊富です。その意味で、設定や絵柄はガチガチのファンタジーでありながら冒険譚というよりはどこかゆるい日常系のような読後感も。それでも要所要所で感動的な話や伏線も散りばめており、今後の展開にも期待大です。

 

みんなの感想

  • 絵が極めて良い。ただこの絵があるならあんま小ボケみたいなのに走らないほうが個人的には良いかなとも思う。
  • 言い回しが面白いのとほぼ無表情な主人公が可愛い。
  • 1話の密度がすごい。読んでてイヴとネムがお互いを大事に思うのが納得できるしターザンロープはおもろい!
  • えげつなく可愛い。
  • 人外のデフォルメが可愛く、小さいコマでもしっかり描き込んでいてとても丁寧な印象。全体的に可愛らしいです。
    読書メーター

イブの可愛らしさと丁寧な画面だけでも一読の価値あり

総評

今後に期待する意味でも押さえておきましょう。

4.1/5

1話で話、作画ともに密度が濃く引き込まれました。ドラゴンやモンスターもうまく作品の雰囲気に馴染むようにまるいタッチで描かれており、主人公イブも無気力顔でとってもかわいいです。内容としてはすでにかなりの展開を見せていますが、まだ世界を見せている段階というか、根幹の部分は見えてこない印象。今後どの方向へ進むのか。シリアス方向も全然ありだと思います。

 

内容

近頃のはやりの作風というか、『鬼滅の刃』『葬送のフリーレン』などのような、シリアスを主体にギャグを混ぜていくというのが一応メインの方向なのかなと。イブの世界を広げていくという流れだとは思いますがまだ今後の展開は読めないですね。

 

作画

絵がうまい、というか好き。キャラはもとより背景がファンタジーの世界観にドンピシャの緻密で丸い画風です。作者は背景なども自身で作画されているようですがトーンの貼り方なんかも上手いですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA