姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い 2巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)

姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い 2巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)記事ページへの画像リンク。クリックで記事ページへ飛びます。 ラブコメ
ホーム » 感想 » ラブコメ » 姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い 2巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)

電子書籍サイト比較

月300 冊読む管理人が使っているのは?

漫画を買うのはどこが安い?

5500円分買って比較してみた

注意

当ページでは1話ごとの感想を掲載しています。まだ読んでいない人にはネタバレになる可能性があるのでご注意ください。また、展開の列挙やセリフの一覧などいわゆるネタバレが知りたい人向けの内容ではありませんのでそちらもご了承願います。

作品情報

書籍情報

・タイトル:姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い

・作者  安田剛助

・発売日 : 2021/9/27

・掲載誌 :MFC キューンシリーズ

最新刊までの一覧

画像クリックでAmazonで詳細を確認・試し読み

電子書籍で探す

初月無料の読み放題で読んでみる

「姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い」2巻
各話の感想'(ネタバレ注意)

登場人物

姫ヶ崎櫻子

 金髪ツインテ巨乳ハイスペック負けヒロイン

三森夏樹

 いわゆる主人公

榊雪菜

 見掛け倒しクールビューティ

雨宮秋

 中学生・三森たちの中学陸上部時代の後輩

「姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い」2巻各話のあらすじと感想

「姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い」2巻【第9話】

腹痛でトイレに向かう櫻子
引用:安田 剛助 /KADOKAWA

クラスマッチの二人三脚でペアになった三森と榊

 

これは櫻子がやっかんで絡んでくるパターン!
と、思いきや…絡んでは来たものの、腹痛でトイレに向かう途中だった!

 

何という斜め上からの登場!
この巻一発めの登場がトイレに向かう途中って!

 


早くトイレに行くよう促す友達の穂乃花ちゃん
この子は二人三脚のため足を縛っていて櫻子のトイレ騒動に巻き込まれている!

 

むしろこの子が不憫な件!

 

 

 

なんとか外便にたどり着くが、チョーシコいて中のトイレまでイケるかもとか言い出す櫻子

 

自分の境遇を学習してくれ…!
1巻だと時々しっかりわきまえてるときもあったじゃないか!

 

いやまあ、確かに外のトイレって汚いよね…それはわかる

 

今のトイレって学校も洋式なんですかね?
田舎とかだと和式のイメージなんだけど、和式のほうが清潔な気もすると言うか…
むしろクリーナとかまで付いてたりする??

 

とりあえずどうやらここのトイレは汚いらしい!

 

 


案の定向かってる途中にピンチになり、這々の体でたどり着いた中便は故障中

 

さすが、持ってますね!

 

 

仕方がないから隣の男子トイレへ

 

男子トイレへ!?

 

…って、マテマテ、マジか!?
穂乃花ちゃん巻き込まれてるよ!

 


しかも足が縛られているので穂乃花ちゃんはドアを少し開けて個室の外で待機

男子来たら真っ先に見つかるの穂乃花ちゃんなんだが…

 


しかし焦りと、「穂乃花に聞かれてると出ない」とかでなかなかことを済ますことができない櫻子!

 

わかるけど!

 


最後は「どんな音を出したって私と櫻子ちゃんは親友だよっ!」という言質を無理やりとって幸せ顔で果てる櫻子

 

いやほんとに…
一発目からどんなエピソードなのよ…

 

初っ端からヒロインのスカt…いや、攻めてるよね、先生

「姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い」2巻【第10話】

ハートのシールを張ることにした櫻子
引用:安田 剛助 /KADOKAWA

夏服で上機嫌の櫻子

 

櫻子はちょっとイタいけど基本的には普通に可愛いんだよね!
好きだ(個人の意見です)

 

 

更に三森に「似合ってて可愛い」と褒められてルンルンで登校


ところが途中でノーブラだという事実に気づく!


乳首スケスケ登校をかましていた!

 

文字通り胸を弾ませていたわけか…(物理)

 

 

しばらく藤稔が気になって仕方がない櫻子、たまらず穂乃花に助けを求める!
絆創膏をかしてもらうが、ご自慢の藤稔は左右4枚ずつないと収まらない!?

 

大変だな、保護者穂乃花!

「櫻子ちゃんってさあ…(諦)」と適度に見放してるあたり初施術はかなりのものですね

 

 

穂乃花に今度は「櫻子ちゃんの乳首は色が濃くない」と(強制的に)言質を取る

 

こういうところ!


こういうところ、櫻子の自己肯定の低さが出ててらしいんだよね

 


結果絆創膏は可愛くないということでハートのシールを張ることにした櫻子

 

いやそんなエロ同人みたいな…
というかどこから出したそんなもん!?

 


帰りには雨が!
白い夏服が透けて傘に入れてあげた三森は気が気ではない!

 

何事か問いたださずにそっとバレないように送ってあげるのほんと扱い慣れてる!


よく正気でいられたな、色んな意味で!

 

 

一方そんな三森の焦りも知らず守ってくれてるみたいで嬉しいとか1人でほっこりの櫻子

 

ラブコメ物ではこういう展開はままあるものの、ここまで具体的に掘り下げているのは見たことないかもしれない…

「姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い」2巻【第11話】

お断りに同行させる三森