よくわからないけれど異世界に転生していたようです 1巻、2巻の内容 【あらすじとネタバレ】 無料試し読み情報

注目の記事

link to recomend page

漫画の無料ダウンロード

漫画の無料DLは合法?違法?

【異世界転生漫画】どれを読むべき?

異世界転生系漫画の書評を一覧

はじめに

ここでは『よくわからないけれど異世界に転生していたようです』のネタバレについて書いていきたいと思います。

※こちらはネタバレ記事です。ネタバレが苦手な方は今のうちに引き返してください!

💡この記事はこんな人にオススメ

・購入を迷っている
・先にネタバレを読んで安心して本編を読みたい
・今までの内容を忘れてしまったけど読み返すのは面倒・手元にない
・冊読むのは面倒・とりあえず概要だけ知りたい
・続き、結末が気になるけど買うほどでは……

作品の情報

・タイトル:よくわからないけれど異世界に転生していたようです

・作者  :内々けやき/あし

・掲載  :シリウスKC

既刊一覧

読んでみる

※1話無料で試し読みできます。

それでは内容について見ていきましょう。

詳しく読みたい方は、全体のストーリー概要は飛ばして各話の詳細飛んでください。

ざっと内容を知りたい方は概要だけ読んでいただければと思います。

概要

1巻

孤児の少女レンは孤児院の出資者の商人の元へ移送中、馬車の事故で崖から転落、雨の中一人放り出され、事故のショックのためか自分が転生者の元おっさんであったことを思い出す。さらに人族ではなく天人族で、チート能力があることがわかり、街で商人に捕まることを危惧し森での生活を始める。

創造魔法でなんでも作り出し、ストレージから簡単に出し入れできるので能力で家を建て、魔法で狩りをしながら生活する中、女の体での自慰行為に目覚め日々の日課とする。

ある日傷ついた狼を手当したことから仲間になる。

2巻

狩りの際にゴブリンに襲われている女の子を守りで発見。助け出したところ流行病の母親のため薬草を取りに来たということで、前世の科学者の知識を生かして作ったインフルエンザ治療薬を渡す。

その後女の子の兄姉が押しかけてきてさらなる薬を要求される。追い返すもしつこく毎日やってくる上、数日後には村人が退去して押し寄せてきたため狼に追い払わせるが、安寧は絶望的であるため移住を決意する。

各話の詳細ネタバレ

1巻

登場人物

●レン

主人公の少女。前世はおっさん。

 

よくわからないけれどおっさんだったみたいです

 孤児の少女レンは孤児院の出資者の商人の元へ移送中、馬車の事故で崖から転落、雨の中一人放り出され、事故のショックのためか自分が転生者の元おっさんであったことを思い出す。

手持ちの生活魔法を駆使して夜を明かすが、街へ戻りエロ商人の慰み者になることを危惧し森で逃亡生活を送ることを決意するも力尽きかける。

空腹と渇きのあまり「水が欲しい」とつぶやいたところ、水が出現。創造魔法があることが判明、食料も作り出す。

改めてステータスを確認したところ天人族でチーターであることが判明する。

よくわからないけれど自宅が完成したようです

創造魔法は万能であるもののMP消費が激しいのが難点であったが、一週間の生活で材料を加えると省エネ化できることがわかる。

創造魔法で投網を作り、創造魔法で作ったグリルをストレージから取り出し、魚を材料に創造魔法で料理に変換。

余ったMPでポーションを備蓄しつつ森で一人で生きることを決意。

その後2ヶ月かけて準備した建材を一気に取り出し家を組み上げる。

間髪入れずに風呂に直行。疲れを癒やし、綿花のベッドで眠る。

よくわからないけれど肉が食べたいのです

3ヶ月後。畑を作り、衣食住は充足するが肉が食べたい欲求に駆られ弓矢を創造するも非力な少女の力では引けなかった。

レベル不足のためか、弩、火器は創造に失敗する。

風魔法で石を打ち出すことを思いつき練習、狩りへと向かう。

容易に野うさぎを仕留めることに成功するも大型のイノシシに襲われ逃げながら応戦するも突進の一撃を受ける。

最後の力で風魔法でライフリングを施しながら石を打ち出し倒すことに成功。帰宅し、肉料理を堪能する。

よくわからないけれど一人上手になったようです

練習と新スキルの狙撃の効果で狩りが容易になるも、解体が面倒だったが、一度ストレージにしまい部位を指定して取り出すことで容易に解体できるようになる。

天人族はレベルアップが容易らしく、スキルレベルもすぐに上がる。

ベッドもスプリング式に改良し、生活水準の安定とともに暇になってきた頃、自分が巨乳になっていることに気がつく。

そのまま3日間自慰にふける。

下着を作り、自分の下着姿に欲情し、再度3日間自慰にふける。淫乱と巨乳のスキルを獲得する。

その後自制を決意し、生産スキルの向上に注力しようとするも結局バイブなど性具を大量に生産し、結局自慰にふける。

よくわからないけれど非情なのです

防音壁など自慰環境の充実を図っていたところ、探知スキル2反応があり森に入ると、怪我した狼と子供を見つける。

見捨てようと葛藤するも結局ポーションをかけてやり、なついたオオカミたちが家に住み着くことになる。

2巻

登場人物

●レン

主人公の少女。前世はおっさん。

●ノルン・ベル

狼の母子。実はフェンリル

●ココ

薬を貰いに来る女の子

●コリー・ニール

ココの姉兄

 

 

よくわからないけれど引きこもりみたいみたいです

狼の親子にノルン、ベルと名付ける。冬が近づき畑を休耕して狩りに出たところ、ノルンにオークを狩るよう促される。

オークの群れを瞬殺し、帰ってオーク肉を堪能するもオーク油にあたり腹を下す。

翌日狩りに出ると、ゴブリンに襲われている女の子を発見、助けが間に合わないと見て強化薬を静脈に流し込んで速攻性の強化を行う。

よくわからないけれどおもてなしするのです

狼と協力し救出に成功するも、ゴブリンを食いちぎる狼の姿に女の子は気を失い、自宅へと連れ帰る。

会話が噛み合わない上警戒されるも甘味で懐柔。

 

流行病に倒れた母親のために薬草摘みに来ていたという女の子に、前世の科学者の知識と魔法でインフルエンザ治療薬を生成して持たせる。

 

泊まっていくよう促したところ再度警戒されるが、ハンバーグと風呂、ベッドで再度懐柔。翌日女の子を送り出す。

よくわからないけれど日課気分じゃないのです

狩りから戻ると玄関に人影があり、話しかけられるも失礼な態度に邪険に扱うが、先日の女の子の兄弟だったこともあり話を聞くことに。

 

女の子と兄姉の3人は母親の件で礼を言いに来たとのことだが、実際には他の人の分の薬をたかられるハメになる。

 

兄姉の無遠慮な言動に狼が怒ったこともあり結局は追い返すが、女の子の落胆した様子に自慰にも気分が乗らない。

 

翌日から毎日家の前で待ち構える兄に辟易とし、女の子に最後だと言い含めて薬を渡し解決を確信。満を持して新しいコスで朝方まで自慰にふける。

 

翌朝、来客にその姿のまま出てしまい兄に見られてしまう。邪険に追い返すがどうやら惚れられているらしい。

 

一方街では少女に渡したポーションの品質に目をつけられ、悪巧みをする輩が。

よくわからないけれど再び旅なのです

その後数ヶ月は女の子の日と大雪に見舞われながらも冬ごもりの生活を送る。

 

しかし春がきた頃投石により窓が割られ、外に出ると一人の男がポーションをよこせと要求してくる。狼に追い返させるが翌日には大人数で詰めかけられる。これも狼が撃退。

 

さすがに面倒になり、家をストレージ格納して狼とともに新天地を求めて旅立つことに。

 

家の跡地を訪れた兄は行いを悔い責任を取ることを誓う。

よくわからないけれど過去をふりかえるのです

基本引きこもり生活であるため運動不足を懸念したレンはバランスボールを創造し、運動を試みることに。

前世でできていたことができなくなっており、結局程なくしてシコリンピック開催へ。

Tips

その他

異世界系漫画『よくわからないけれど異世界に転生していたようです』の内容、ネタバレでした。

 

以下は筆者の個人評価ですので不要な方はスキップスキップ!

3/5
感想(辛口正直感想です。開く際はご注意ください。)
1巻
ちょっとチートが行き過ぎてることもあり面白く展開できるかは懐疑的な部分も大きいです。軽いノリで、暇つぶしに読むには悪くないと行ったところでしょうか。
2巻
ここにきて少しシリアスよりの展開。今後どう展開していくのでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA