乙嫁語り

注目の記事

link to recomend page

漫画の無料ダウンロード

漫画の無料DLは合法?違法?

【異世界転生漫画】どれを読むべき?

異世界転生系漫画の書評を一覧

乙嫁語り

中央アジアの大地で生きる花嫁たちの物語。

大地に生きるということ、家族になるということ。

作品情報

・タイトル:乙嫁語り

・作者  :森薫

・ 発売日  : 2009/10/15 ~

あらすじ

舞台

舞台は19世紀後半の中央アジア、カスピ海周辺の地域

 

概要

遊牧民と、定住民が共存する地域。街に定住するエイホン家の跡継ぎである12歳のカルルクのもとに、移牧民(半定住・半遊牧民)から20歳の花嫁、アミルが嫁いで来るところから物語は始まる。

しかし、ロシアの侵攻で緊張状態にあったアミル側の部族が生活圏を安定するために彼女を連れ戻し別の部族のもとで政略結婚をさせようと目論見、実力行使に出る。

エイホン家はアミルの部族に対して縁切りを宣告し、街に攻め入ってアミルを奪おうとする相手部族に町ぐるみの抵抗をする。

混乱のなか12歳のカルルクは剣を抜き、夫として命がけで妻アミルを守りぬく。

実家を失ったアミルを周囲は心配するが悲しみの一方でアミルカルルクに対して愛情を抱き、その後二人は互いを大切にし少しずつ夫婦の絆を深めていく。

 

単行本の構成としては主に冒頭でカルルクとアミルのその後を、その後の話で物語の進行役でもある中央アジアの風土を調査するために訪れたイギリスの紀行家ヘンリースミスが出会った新たな乙嫁たちのエピソードを描くが必ずしも決まった構成があるわけではない。

 

既刊一覧

既刊一覧

読んでみる

※1話無料で試し読みできます。

※乙嫁とは「弟の嫁」「年少の嫁」を意味する古語であるが、出版元であるエンターブレインのサイトでは同作における「乙嫁」を「美しいお嫁さん」の意であると記している。

見どころ

💡とにかく圧倒的な書き込みと空気感が見どころ!

本作はなんと言ってもカザフ刺繍の柄を恐ろしいほど緻密に手書きで再現されているところが最大の特徴です。正直ここまでやらなくても良くないですかというレベル。まさに愛のなせる技といったところでしょうか。

主にカスピ海周辺が舞台の本作。

アミルさんの衣装はカザフ刺繍のようですが、4巻表紙の双子ライラとレイリが着ているのはウズベキスタンの「アブルバンディ(雲の織物)」の柄のようにも見えますね。

作者

作者は「森薫」

一作目シャーリー二作目エマとヨーロッパが舞台でしたがここで突然中央アジアが舞台の物語となります。

作画動画

ホームページ・SNS

※現在SNS等はありません

過去の作品(別名義、読み切りを含む)

単行本

  • 森薫拾遺集(上記以外の読み切りはこちらに収録)
  • エマ
  • シャーリー
  • 乙嫁語り

読み切り

  • ガゼル
  • お茶のおけいこ
  • アメノウズメ
  • ジェイン・ウォーカー
  • グルン・バエラ(2020年2月)最新作

単行本

  • 森薫拾遺集(上記以外の読み切りはこちらに収録)
  • エマ
  • シャーリー
  • 乙嫁語り

読み切り

  • ガゼル
  • お茶のおけいこ
  • アメノウズメ
  • ジェイン・ウォーカー
  • グルン・バエラ(2020年2月)最新作

作者のその他の作品紹介

 

 

読んでみる

 

 

読んでみる

 

 

読んでみる

感想

作者が凝り性過ぎてやばい。

1p見ただけで読むしかないと思う凄まじい画面がぬくもりのあるタッチで描かれています。このアナログ作画特有のテイストがたままりませんね。

その割に表紙が今ひとつキャッチーでないように思うのは私だけでしょうか。

しかしもちろん中表紙にも抜かりはありません。こころなしか装丁も他の本よりがっしりしている気がします。(これはハルタ本だからでしょうか)

 

 

内容自体の感想としては、どっしりと地に足がついているという印象。おそらくかなりの下調べがなされているのでしょうが、作者的には趣味でやっている位の感覚なのかもしれません。

それぞれの乙嫁たちのエピソードも魅力的で、スミスさんが絡んでくる当たりなんかも「そう来るか」と驚かされました。

まさに非の打ち所のない完成度、ぜひ次巻のあるときにゆっくりと画面の端々まで見ながら読みたい作品です。

過去の作品・読み切り作品

  • 面白かった~。絵が細かくて綺麗で見ごたえがある
  • ともかく模様がいっぱい!森さんが心から楽しんで描いてるのが伝わる、緻密で美しい絵にうっとり
  • 話自体も好きだが、衣服の刺繍の描き込み加減か凄まじくて圧倒される
  • アミルが何とも可愛くて、優しくて、そしてたくましい
  • まわりの様子や衣装、小物、読んでいると色が見えてくるようです

読書メーター

内容に関わらず見ていて幸せになれる画面です。

それは殺伐とした内容が描かれていても不思議と変わりません。

総評

5/5

内容、作画、独創性、どれをとっても非の打ち所がない作品。

 強いて言うならもう少し刊行ペースが早ければ、なんて思わなくもないですがクオリティから考えても無理な話ですね。

 

書き込みも内容の作り込みもすごいのでぜひしっかりと読んでほしい、と言いたいところなのですが、作り込みの割に文字数がそこまで多くないので多分この作品はサラッと読んでも十分にストレスなく楽しめると思います。

バランスと言う意味でも完成されていますね。

 

 
筆者のうわ言
これジャンルなんなの?恋愛…といってもそれがメインではないような…。一応歴史もの?かな?

関連情報

というより、筆者が個人的に気になったもの。

読んでるとつい影響されてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA