約束のネバーランド 全巻の感想と漫画レビュー

注目の記事

link to recomend page

漫画の無料ダウンロード

漫画の無料DLは合法?違法?

【異世界転生漫画】どれを読むべき?

異世界転生系漫画の書評を一覧

約束のネバーランド

作品情報

・タイトル:約束のネバーランド

・作者  :出水 ぽすか , 白井 カイウ

・発売日 :2016/12/2

・掲載誌 :ジャンプコミックス

あらすじ

舞台

舞台は鬼という食人の化け物と人類が棲み分けを行い、食用児の犠牲により存続する世界。

概要

閉鎖された孤児院で暮らす主人公の少女エマは、監督者である”ママ”と他の孤児たちとともに平和に暮らしていた。

ある日、里親に引き渡される仲間の忘れ物を届けるために、規則を破り立ち入り禁止の門まで仲間のノーマンとともに行くことに。しかしそこには殺された仲間と人間を食うという化け物”食人鬼”の姿が。エマたちは身を隠してやり過ごすが、自分たちが暮らす施設が食用児を育てる農園であることを知ってしまう。

エマ、ノーマン、レイの特に能力の高い三人は脱出と他の孤児たちを護ることを決意し行動を開始する。

既刊一覧

既刊一覧

読んでみる

※1話無料で試し読みできます。

見どころ

💡独自の設定や世界観と戦略的な戦いが見どころ!

まずうまいなと思ったのは、発達した子供の脳ほど鬼たちにとって美味く、鬼たちは積極的に教育などを施して知能指数の高い子供作り、結果として生まれた優秀な能力を持つ主人公エマたちによって体制が崩壊していくという設定です。

 

食用児の悲惨な運命を提示しながらもあくまで出自は人口培養というのも絶妙なラインのように思います。これが家畜的な交配での生産だったりした場合少年誌ではきびしそうです。

 

また、助けるべき仲間が非常に多く、主要キャラのみで冒険するというような多くの作品とも毛色が違います。「101匹ワンちゃん」からの着想かなと思いながら読んでいました。鬼のデザインもどことなくクルエラっぽくないですか?

 

作者

作者は「出水ぽすか、白井カイウ」

原作者は本作が初めての単行本作品になります

ネット版ジャンプの読み切りでデビュー。読み切りを含めてもこちらが3作目となる新人の方です。

ホームページ・SNS

出水ぽすか

作画担当の出水ぽすかさんは2008年に小学館よりデビュー。 もともと”コロコロコミック”や”てれびくん”などの小学生向け雑誌で漫画を書かれていたようですが、絵柄も違いこの記事を読まれている方には需要がなさそうなので今回は紹介を割愛します。

並行してpixivにてイラストの投稿をされていたので筆者としてはイラストレーターのイメージが強いです。というより漫画を出していたのは知りませんでした。

出水ぽすかのくさむらブログ

pixiv

Twitter

過去の作品

白井カイウ

 

読み切り

作者のその他の作品紹介

感想

ちょっと長すぎたとも思います。

序盤インパクトや展開力・期待感などが非常に高く、独創的な設定も合って本当に楽しく読めます。ミネルヴァの謎も物語に深みを出していて非常に良かったです。

 

ただ中終盤はやや精彩を欠いた印象はありました。

ジャンプでの連載なので王道のバトルモノになるというのは一般的には順当な選択とは思いますが、せっかくなので戦ってボス倒してというようなありきたりな流れより独自性を追求してほしかったという思いもあります。

 

最後のエマの処遇や、駆逐ではなく和解での解決というのはバトルにしたい編集部に対する作者のささやかな抵抗だったのかななどと邪推してみたり。結果ちょっとどっちつかずな感じになってしまって、エマの言動が流石に無理があるというか浮いてしまうかたちになったのかなとか思ってみたり。

みんなの感想

  • 閉鎖された場所からの脱出。ハラハラドキドキの展開。続きがすごく気になる。
  • 最初のほのぼの孤児院ものがある時一変するのが見所です。ニコニコしていたママが一気に怖くなる。
  • 海外ドラマっぽい。
  • 孤児院の涙ちょろりほのぼの漫画かと思ったら全然違った。スリルと頭脳の物語。 まだまだ謎が多い為はやく読み進めたい。
  • 不思議な世界観で、とても謎が深く、めちゃくちゃ気に入りました。

読書メーター

アクションと謎、歪な世界、人外様々な要素が読者の興味を尽きさせません。

総評

3.5/5

はじめ読み始めたときのインパクトはやはり大きいですね。

引き込まれるような設定で読者はハラハラしながら読むことになるでしょう。壮大な謎を解くための冒険というロマン的な設定も提示されており、本当に要素の多い作品という印象。

 

内容

序盤非常に面白いですが、ラスト前は結構中だるみが目立つ印象。特に女王戦のあたりは尺の割に展開や内容に面白みが欠ける印象でした。

作画

ぽすかさんはやはりどうしてもイラストレーターのイメージが強いです。画面は良く」言えば独創的で芸術的。悪く言えばごちゃごちゃして長く読むには見辛い印象なので、意見は分かれるところかもしれません。

筆者としては十分許容範囲ながらもイラストのほうが向いてはいるのかなと思います。

関連情報

メディアミックス

2019年アニメ放送作品

アニメ版ヒロイン

……いかがですか?

ネット画像を見たところちょっと大人っぽくなっているような印象でした。アニメも人気ですので要チェックです。

 

 

アニメ視聴はコチラ

Season1

Season2

(U-NEXT 1話が無料で見られます)

ブルーレイは以下から

●実写映画

公式サイト

●その他書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA