【アニメ化】サマータイムレンダ 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)

【アニメ化】サマータイムレンダ 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)記事ページへの画像リンク。クリックで記事ページへ飛びます。 感想
ホーム » 感想 » 【アニメ化】サマータイムレンダ 1巻の感想・漫画レビュー(ネタバレ注意)

電子書籍サイト比較

月300 冊読む管理人が使っているのは?

漫画を買うのはどこが安い?

5500円分買って比較してみた

注意

当ページでは1話ごとの感想を掲載しています。まだ読んでいない人にはネタバレになる可能性があるのでご注意ください。また、展開の列挙やセリフの一覧などいわゆるネタバレが知りたい人向けの内容ではありませんのでそちらもご了承願います。

「サマータイムレンダ」作品情報

書籍情報

・タイトル:サマータイムレンダ

・作者  田中靖規

・発売日 : 2018/02/02

・出版社 集英社

最新巻までの一覧

「サマータイムレンダ」1巻のあらすじと概要

幼馴染の潮が死んだ――。その報せを聞き、故郷の和歌山市・日都ケ島に帰ってきた慎平。家族との再会。滞りなく行われる葬儀。だが島にはある異変が…? ひと夏の離島サスペンス!!

(引用:https://amzn.to/3p5zo3d)

「サマータイムレンダ」1巻
各話の感想(ネタバレ注意)

「サマータイムレンダ」1巻の登場人物

●慎平

 死に戻り主人公

●小舟潮

 海難事故で死亡した慎平の幼馴染であり家族

●小舟澪

 潮の妹

●菱形窓

 慎平の幼馴染、で病院の息子。妹は朱鷺子

●凸村

 島の駐在。慎平の親戚

●南雲竜之介

 謎の巨乳美女。ミステリ作家

●”影”

 人間を殺して成り代わる謎の生命体

「サマータイムレンダ」1巻のあらすじと感想

「サマータイムレンダ」1巻【第1回目】

銃で彼女に止めをさし、澪を人質にとったのは――澪
引用:田中靖規/集英社

ええと、冒頭の状況を客観的に説明すると、スク水少女の妄想をしていたらフェリーで対面席に座っていた巨乳お姉さんの胸に顔面からダイブした、という感じですね

あらゆる意味で弁解の余地のない状況です

謝る主人公だがもちろんすみませんではすみません、普通にアウト!

 

 

舞台は和歌山県和歌山市
和歌山というのは紀伊半島の下のほう一帯と思ってる方が多いかと思いますが、実は県庁所在地の和歌山市は左上、かなり大阪寄りの位置にあります
大阪との県境で、ぶっちゃけほぼ大阪です
一番下は白浜とかパンダとかがあるところです
ものすごく交通の